読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の中の忘却のサチコ体験

 

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

 

 

披露宴の最中に新郎に逃げられるという、大変ショッキングな始まり方をするマンガです。

しかも主人公の幸子さんには何の非もなく私が今読んでる時点でも理由が明かされてないので

普通ならもっとモヤモヤしそうなものだけど、「美味しいものを食べてる時は全て忘れられる」

ということの説得力が凄いのでわりと脳天気に読めます。

幸子さんはとにかく真面目で礼儀正しくて仕事熱心で…とか言うと凄いつまらなさそうだけど

めっちゃキュートな女性。ここまで何事も一生懸命だとつい応援してしまう。

(ストレートな物言いとか深々としたおじぎにモブの人が引いてるシーンをよく見るけど、

多分実際に接したらあんな感じだろうな~でも好感持つと思う)

 

1~2話完結で様々な美味しいもの(庶民的なものと贅沢なものが半々ぐらい)を食べてはつらいことを

忘れる幸子さんですが、私が一番憧れたのは、香川でうどんタクシーに乗ってうどん屋さんを

何軒もハシゴするお話。

「うわーいいなー!」と思ったけど、よくよく考えたらうどんなんて何杯も連続で食べられないわ…

温玉ぶっかけにちくわ天乗せの1杯で満足してしまう。(幸子さんは結構大食い)

逆に北斗星の話は、列車の中で何時間も食堂車の行列に並ぶのを知って幻滅…

毎回しっかり取材されてるみたいで、面白いだけじゃなくて結構タメになります。

 

余談ですが作者の阿部潤さんが昔描いてた「The山田家」ってギャグマンガも大好きでした。

そのマンガとは絵も内容も全く違うのでなかなか頭の中でイメージが一致しなかったけど、

渋いお寿司屋さんが出てくるお話のあとがきに山田家のトムさんを描かれててちょっと嬉しかった。

そういえば山田家と同じぐらいの時期に好きだった「アゴなしゲンとオレ物語」を描いてた

平本アキラさんも全然作風の違う監獄学園を今描かいてるし、ギャグ作家から華麗な転身がブームなのか?

(2人ともこれだけの画力持っていながら長年シュールギャグを描いてたのが凄い)

 

あとこれはマンガの内容と直接関係ないんだけど、先日あんまり行き慣れない日本橋

一人でお昼を食べることにしたものの、どこに行っていいか全然分からないので通りすがりの

焼き鳥屋さんのランチにしました。(「ゆとりですが何か」を見てて焼き鳥が食べたかった)

で、焼き鳥丼を注文したんだけど、運の悪いことにそのお店全席喫煙席でした~٩(′д‵)۶

そういうお店だからカウンターの両隣のリーマンも普通に吸っててめっちゃ煙い。

「うわ~失敗した」(ここ、他の客が酒飲んで騒ぎ出した時の井之頭五郎状態)と思って

早く帰りたかったけど、運ばれて来た焼き鳥丼が一口食べただけで

「なにこれスーパーのお惣菜売り場の焼き鳥と全然違う!すんげー美味しい!」と。

食べてる間は隣でスパスパ吸ってるタバコも気にせず、

食べると減ってしまう焼き鳥の残りだけ気にしてました。

もしかして「忘却のサチコ」で毎回描かれてるのはこの状態?!ってあとから思いました。

えーとそれだけの話です。

おおきづち写真集

f:id:skyfish:20160405153005j:plain

ふなばしアンデルセン公園に行ってきました。

ドールブログでアップしなかった、おおきづち写真をこちらに。

4月5日に行ったけど桜満開でしたよー!この像の先は桜のトンネルで圧巻でした。

 

f:id:skyfish:20160405114401j:plain

さっそくお花のある風景に馴染むおおきづちさん。

この写真撮ってるとき、通りすがりのリア充グループの男子に見られて

ドラクエのアレいるじゃん!…あっ(この人の私物か)」って感じで気まずかったです。

 

f:id:skyfish:20160405130501j:plain

名物の風車と一緒に。ドラクエの世界の風景みたい。

 

f:id:skyfish:20160405125907j:plain

もういっちょ別角度からの風車。

桜の花はここにたまたま落ちてたものです、木からむしってないです。

 

f:id:skyfish:20160405114622j:plain

植木鉢のゴーレムさんと一緒に。

 

f:id:skyfish:20160405130005j:plain

背景ボケボケ写真ばっかですんません。

風景写真にはそこそこ人が映りこんでてこれぐらいしかなかった。

この右手のベンチでブライス写真撮ってました。

 

f:id:skyfish:20160405135254j:plain

うちの両親におすすめされるがまま注文したデンマークランチ。

これで850円。コスパ凄い!…カロリーと糖質も凄い…(;´・ω・)

(ピラフとオープンサンドとハッシュポテトで炭水化物の宝石箱や~)

 

朝まで雨が降ってたお天気イマイチの日に行ったんだけど、

桜の見ごろと春休みが重なってたせいか平日でも結構な人手でした。

アスレチックや遊具がめっちゃ充実してるので子連れ向けの施設のイメージですが、

植物やヨーロッパ風の建物がキレイなので子供がいなくても十分楽しめますね。

65歳以上は入園無料らしいのでお年寄りグループもたくさん来てました。

人気も納得です、また行きたいなあ。

広告を非表示にする

美学と信念

 

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

 

 たまたま深夜にアニメを見て、最初は「これ作画キレーだな」「山寺さん何やっても上手いな」

ぐらいで眺めてたんだけど、何話か見たら話が気になって原作読んでみました。

(この時点でアニメ4話目かその辺だったと思います)

 

今アニメでやってる若き日の菊比古さんと助六さんの話は過去編なのですね。

原作は助六さんもみよ吉さんも亡くなってる数十年後から始まるのがまずびっくりです。

「2人とも死んじゃうのか…」と重い気持ちで読み進めることになります。

(後日Amazonのプライムビデオで第一話見たらテレビアニメもほぼ同じ始まり方でした。)

主人公ポジションの与太郎くん、最初は「なんだこいつ」と思って読んでたんですが、

人懐っこさと邪気のなさが魅力的に描かれてるので物語の中でも周囲の人に愛されてるのが納得だし、

「この先この子が何か大きいことをするんだな」って期待が持てる気持ちの良いキャラです。

で、今は5巻まで読みました。色々なことがあって(一言で片付けすぎ!)過去編が終わって

また与太郎くんの現在に戻ったところです。

(5巻後半、凄い勢いで与太郎が突っ走るので「マジか?!」の連続でした…)

 

この漫画のキャラクターはそれぞれの美学や信念をしっかり持ってるので(とくに落語に対する)

その考えの違いで対立してしまったり、違うからこそ惹かれ合ったりするのが

物語の面白さになってます。

あと落語の専門的なことは分からなくても、3月のライオンとかヒカルの碁とかみたいに

「ルールは分からないけど面白い」っていうパターンの漫画なので全然問題ないです。

(こういう門外漢が見て面白い漫画が描けるのって本当凄いことだと思う、素直に尊敬)

あとアニメと原作の違いは、アニメは演技でおどけることはあってもあの整った絵のままですが、

漫画の方は崩したキャラが凄くおちゃめでカワイイのでかなりキャラクターの印象が違います。

私は師匠に怒られた時のダメ犬のような与太郎がめっちゃ好き。

 

ただ原作コミックス7,8巻のDVD付き特装版が今は入手困難なのが残念です(´・ω・`)

どっちも+1000円ぐらいのプレ値付いてるから、思い切ってマケプレで買うか通常版にするか悩み中。

広告を非表示にする

そこそこ満喫

前回の日記に書いた通り、13日にアンバサダーホテル泊まってきました。

週間予報でこの週末に雨マークがついて以来ずっとどんより気分だったのですが、

せっかく取れたアナ雪ルームキャンセルするのももったいないので行ってきましたぞ。

 

f:id:skyfish:20160213163425j:plain

ブライスブログにアップした撮影スポットはこんな感じになってました。

結構高い位置なので小さい子は手が届かなさそうです。

今回もやっぱりディズニー・チャンネルばっか見てました。

(何度目だチャーリーとチョコレート工場

 

f:id:skyfish:20160213163306j:plain

部屋に入ってまず目を奪われるのがこの「女児の夢」を具現化したようなベッドカバー。

 

f:id:skyfish:20160213164437j:plain

ベッドカバーのアップ。

こういうのマイクロファイバー印刷って言うんでしたっけ?

タオルとかハンカチぐらいのサイズとかでしか見たことなかったけど、

これ市販されたらいくらになるんだろ…(゚A゚;)ゴクリ

(カバーって書きましたが、厚手のジャージ生地なのでかなり暖かいです)

 

f:id:skyfish:20160213164503j:plain

これだけ大きく出力してもこのイラストの塗り残しや線のはみ出しが一切ないところに感心。

ポンポンの1つずつまでちゃんと描いてるんだな…プロはスゲエな。

お部屋はそんな感じでアナ雪一色でした。

 

あと画像ないんですけど、夜はイクスピアリのレインフォレストカフェという

ジャングルみたいな内装のお店に行きまして(暗くて写真上手く撮れんかった)

チンパンジー(作り物)がキーキー叫んでる横でピザとか豚バラ肉とか食べました。

あとイクスピアリ内で自動販売機探してたら全然なくて、最終的にアンバサダーホテル側から

舞浜駅のコンビニまで行き着いたのにはちょっとびっくりしました。

1階以外には自販機あったのかもしれんけど少なすぎるだろ…

 

f:id:skyfish:20160214135931j:plain

で、翌14日。天気予報通り朝から雨…つーか暴風雨。

ハッピー15エントリーも使わずYahoo天気アプリの雨雲レーダーと窓の外を交互に見つつ

部屋で雨が止むのを待ちましたが、晴れたかな?と思うとまたどしゃ降りーを延々繰り返してて…

さすがにチェックアウト時間が近づいてきたので11時半ごろ諦めてランドの駐車場に向かってるあたりで

やっと雨が止みました。以降風は凄かったけど快晴。しかも暑いぐらい。

でも強風のせいで昼間のパレードは全部中止になっちゃいました。

アナ雪見たさに行ったのにこれは残念。3月の期間中にもう一度行けるといいなー。

 

f:id:skyfish:20160214135736j:plain

ヒッ…(怯え

この雪だるまかわいいんだけどこのオブジェはちょっと狂気じみてた。

 

午前中が悪天候過ぎたせいか日曜のわりにそんなに混んでなかったかな?

前回行ったのがクリスマス直前の、トイレ10分待ちレストラン1時間待ち乗り物3時間待ち…

という地獄に比べたら全然マシなレベル。もう二度とクリスマスには行くまい。

 

f:id:skyfish:20160214183359j:plain

パレード全部中止かと思ったらエレクトリカルパレードだけやってました。

ワンス・アポン・ア・タイムもやった模様。抽選外れたから遠目に見ただけですが。

この辺は風に強いのかな?よく知らんけど。

最後に見たのが前のバージョンだったのでラプンツェル初めて見た、塔が凄いな。

 

f:id:skyfish:20160214200915j:plain

入り口のデコレーションは夜の方がキレイですな。

 

そんな感じで、行く前にネガティブな日記を書いてしまう程度に今回は気乗りしなかったのですが

言うほど雨にも濡れなかったし、そこそこ満喫してきました。

やっぱディズニーランド楽しいな~値上げするらしいけどどうすっかな~。

広告を非表示にする

やめろその攻撃は私に効く

今週の日曜日にまたディズニーランド行く予定なんですけど

なんか予報によると春一番が吹くとか降水確率70%とか気温20度とか。

…わしらアナ雪のパレードが見たくて行くんですよ。

今年はクリストフとかハンス王子とかいるらしいので。

でも強風は絶対中止じゃないすかーーーー!

天気悪いの分かってて行くバカがいるかって話ですけどまたホテル予約してるん…

(今回は日帰りでいいと言うのに旦那が予約しおった。時期的にかなりキャンセル料発生する)

ファー!暴風雨のディズニーランドってどんなんだ?

バレンタインデーだしやっぱりリア充は来るのかな?

オラすっげえワクワクしてきたぞ!

今は太平洋高気圧がそのまま頑張って居座ってくれるように神頼みしかできねえナムナム。

あんまり天気悪いようだったらアンバサダーホテルのアナ雪ルーム泊まって

翌日イクスピアリ行って帰ってくるかもです…なにそれ悲しい(´・ω:;.:...

まいりました

12月30日から5日ほど実家(自分の)に帰ってました。

ツイッターを見てると帰省中の親戚の愚痴を10連ガチャのように吐き出してる人がいるんで

それに比べたらまあマシなのかもしれないけど、全く気が休まらない正月でしたよ(´・ω・`)

ツイッターじゃ収まらないからここ(チラシの裏)に書きますけど。

 

昨日帰ってきて母と電話で話してた時の「弟夫婦には心底気疲れしたからもう呼ばない!」

という一言がこの正月の全てを物語ってるのですが。

今回弟夫婦が飼ってるラブラドールを連れてきてて、これが実家の犬(コーギー)と

ケンカするんですわ。ラブラドール自体は大人しいんだけど、コーギーがヨソモノに対して

敵対心丸出しで吠えてかかるので、最終的にケンカになる感じで。

…これを5日間ずーっと毎日やってました(ヽ´ω`)ゲッソリ

年越しの辺りは弟夫婦とラブが半日ほど出かけてていなかったんだけど、

母が皮肉たっぷりで「ラブいないとコーギーもいい子にしてたよ~」とさんざん言ってましたが

気にすることなくそのあと3日泊まってった…(私だったらその時点で帰るけどなあ)

弟の嫁さんは実家と上手くいってない人なので旦那実家の方が好きみたいで、

終始楽しそうだったのはいいけど、朝から缶のハイボールを水代わりに飲んでるし(;・∀・)

弟もまた人にはアレコレ上から目線で言うけど自分たちのことはさっぱり顧みない人なので

犬のことも嫁のことも全く注意しないし、自分も昨日の帰り際になぜか日曜大工を始めちゃって

早く帰って欲しい両親のイライラも頂点に達してたので、

弟夫婦と犬が帰って静かになるのを待ってましたが、諦めてその前に電車で帰りました…

あれだけ「もう帰れ」ってオーラ出されても全然気付かない鈍さには親も私も呆れを通り越して

半笑いで「まいったね…」って言うしかなかった。(怒りとかイライラを笑ってごまかす状態)

 

ちなみにこの弟(長男)の下に次男の弟もいるんだけど、元旦に赤ちゃん連れてちょっと来たけど

犬2匹がギャンギャンしてたのですぐに帰ってしまった。残念。

 

f:id:skyfish:20160101121112j:plain

これはラブがいない間に撮った「いい子にしてた」時のコーギーです。

ラブが帰ったあとも疲れてずっと寝てるらしい。気の毒。

広告を非表示にする

泣きのツボ押されまくり

 

これは主人公ハナビさんの「終活」をコマさんがお手伝いするお話です。

余命宣告された若い女性の主人公って時点でかなり重いのですが、

ハナビさんの大事な人たちがコマさんに会うことでまた優しい気持ちを取り戻していく

…という流れなので、読んでて優しい気持ちになります。

つーかもう純粋過ぎて泣くしかないだろこんなの!みたいな感じです。

ハナビさんに最後の時が迫った終盤は心臓がギューっとなるぐらい見てて

つらいものがありますが、コマさんのおかげで苦しくつらいだけの最期ではなかったんだ…

と分かるラストなので悲しい気持ちにはなりませんでした。号泣したけど。

 

こういう大人向けの感動的なストーリーに合わせて改変されたコマさんだったら嫌だな~

と思ってたけど、見た目も性格もアニメやゲームでおなじみの

田舎者でKYでピュアなコマさんそのままのキャラなのでその辺も安心ポイントです。

「死んじゃって可哀想~悲しい~」ってだけで「泣ける妖怪ウォッチ」を

うたってるわけじゃないので、その辺はさすがとしか言えない。

 

まあ私はヒバナ創刊時のwebの試し読みで1話だけ読んだ時点で大号泣で、

その時点で「これ絶対最後にハナビさん死ぬやつじゃん!先読みたくないわ~」と

今回も本屋で見かけてもちょっと買うの躊躇したんですけどね…買って良かったけど。